Backorder(バックオーダー)について

在庫切れの商品があった場合、業者が取る対応は大きく分けて2種類あります。1つ目は、あなたに、「今回はアイテムAが在庫切れでした。また今度注文してください」と、在庫があった商品だけで話を勧めていく方法。これが一般的です。

この場合、入荷できなかった商品は入荷となるまで再注文し続る必要があります。

もう1つは、業者がバックオーダー(Backorder)を取ってくれる方法。バックオーダーとは、在庫切れ商品の予約のことです。あなたの為にワザワザ入荷、または製造してくれることもあるでしょうし、単に次回入荷する中からあなたに販売する分を確保するという意味でも使われます。

初回で入荷に至らなかった商品は、あなたがキャンセルしない限り「予約」され続け、実際に入荷したら自動で送られてくる、またはあなたの次回の注文に追加されるのが一般的です。

通常、業者のFAQ(もしくは、Q&A)などを見ると、「当社ではバックオーダーを取りません」(今日在庫切れ商品はまた後日注文してみてください、の意)や、「在庫のないものは自動的にバックオーダー扱いで処理されます」(今日在庫切れの商品は、入荷次第お届けします、の意)などと書かれています。

注文スケジュールを決めるのにとても重要な項目ですので、注文前にどんな条件なのか把握しておきましょう。下記に同様のメッセージを幾つか挙げておきますので雰囲気をつかんでみてください。

...

{{{ゴールドプラス|ゴールド|シルバー}}}
ここから先はメンバー限定コンテンツです。

次の記事:

前の記事: